閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年11月29日 シドニー 吉川竜太

豪:NSW州Cadia金-銅鉱山、フル生産状態を回復して豪州最大の金鉱山の地位に復帰

 2018年11月26日付の地元メディアは、2018年3月に発生した廃滓ダムの壁面崩落事故に伴い操業規模を縮小していたNSW州のCadia Au-Cu鉱山(豪Newcrest社)が、2018年7~9月四半期においてほぼフル生産状態を回復して豪州最大規模の金鉱山の地位を取り戻したと報じた。同鉱山の産金量は、2018年4~6月四半期が57.5kozであったのに対し、7~9月四半期は213.5kozにまで回復した。その他の鉱山における7~9月半期の産金量は、WA州のBoddington鉱山が187koz、WA州Super Pit鉱山が150koz、WA州Toropicana鉱山が125.1kozなどとなっている。

ページトップへ