閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年12月4日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、Tia Maria銅プロジェクトを2019年鉱業投資プロジェクトに追加の見通し

 2018年11月23日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、Southern Copper社のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関し、同社が提出した鉱物処理権の申請書類に対して鉱山総局が指摘した不備の修正が完了すれば、2019年に鉱山建設投資が開始されるとの見込みを示した。
 Inchaustegui鉱山副大臣によれば、鉱山総局は既にSouthern Copper社から合計14か所の不備に対する修正回答を受理した。現在評価中で、12月にも同社に対する再回答を行う見通しである。さらに本文書の不備修正は、Tia Maria銅プロジェクトの建設許可に必要な手続きであり、これを完了することで本プロジェクトは2019年の鉱業投資額見通し3,441mUS$の一部を形成することになるとコメントした。
 一方同社のGonzales社長は、12月9日に実施されるArequipa州知事選の決選投票結果や、Tia Maria銅プロジェクト建設に対する住民らの意向を注視していきたいと表明した。

ページトップへ