閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年12月13日 シドニー 吉川竜太

豪:Kidman社、WA州Mount Hollandリチウムプロジェクトに関する鉱業権の有効性を巡る訴訟で和解

 2018年12月10日付の地元メディアは、豪Kidman社とチリのリチウム大手SQM社のJVがWA州で開発することを目指しているMount Holland Liプロジェクトに関し、開発の障害となる可能性があった同プロジェクトの鉱業権に関する訴訟に関して和解が成立したと報じた。Kidman社が発表した声明の中では訴訟の詳細は触れられていないものの、報道によると本訴訟は豪企業と豪個人によるもので、Kidman社が取得する以前の鉱業権者がWA州政府の定める最低投資額を満たしておらず、鉱業権は無効であるとして提訴したもの。Kidman社は本件の和解により今後のMount Hollandプロジェクトの開発に道筋がついた、とコメントしている。同訴訟を巡っては、2018年9月にWA州監督裁判所(Warden’s Court:鉱業権に関連する訴訟を所管する機関)が、Kidman社が求めていた探鉱費の最低支出義務違反に対する例外措置を拒否することをWA州のBill Johnston鉱山石油大臣に勧告していた。

ページトップへ