閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年12月13日 シドニー 吉川竜太

PNG:Frieda River銅-金プロジェクト、CAPEX総額約7bUS$のFS結果を公表

 2018年12月10日のメディアによると、中国国営企業Guangdong Rising Assets社傘下のPanAust社とのJVによりPNGのFrieda River Cu・Auプロジェクトを推進する豪Highlands Pacific社は、PanAust社から受領した同プロジェクトのFS結果を公表した。2016年に作成されたPFSから大きく基本設計が変更された本FSでは、道路・滑走路・港湾施設などの建設・改修のため、PNG政府等から739mUS$の投資が必要であると指摘。また、2016年版PFSでは鉱山から港湾までの精鉱の輸送について、バージによる河川輸送を想定していたが、総延長340kmのパイプライン輸送に変更し、建設費用351mUS$の投資とその運営は第三者により実施することが望ましいとしている。この他、鉱山や選鉱施設、水力発電所などの建設に要するCAPEXは約6bUS$と見積もられており、マインライフ33年、Cu:175kt/y、Au:230koz/yを含む精鉱を生産する予定である。

ページトップへ