閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年12月14日 リマ 栗原健一

ペルー:Bear Creek Mininig社、ペルー政府からSanta Ana銀プロジェクト鉱業権取消の損害賠償金を受領

 2018年12月10日付け地元紙によると、2011年に鉱業権が取り消されたSanta Ana銀プロジェクト(Puno州)に関し、2017年12月に国連の国際投資紛争解決センター(ICSID)がペルー政府に対してBear Creek Mining社への賠償金の支払いを命じたことについて、同社は、2018年11月にペルー政府から32.2mUS$の支払いを受けたことを明らかにした。この金額は、本来の賠償金に同社の弁護費用や利子が加算されたものとなっている。
 同社は、本プロジェクトに係る全ての権利を放棄し、実施された調査の結果をペルー政府に提出するとコメントした。
 別途、同社が実施中のCorani銀・鉛・亜鉛プロジェクト(Puno州)では、586mUS$の投資が計画されており、アクセス道造成やキャンプ地設営等の初期工事が開始されたほか、開発に向けた融資のオプションが検討されている。

ページトップへ