閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2018年12月18日 シドニー 吉川竜太

豪:レアメタルの共同研究と開発を実施するためのMOUが豪州と米国の間で署名される予定

 2018年12月12日付のメディアによると、豪連邦政府は米国経済にとっても重要な鉱種であると位置づけられている「Critical Minerals」の共同研究と開発を実施するためのMOUを米国と締結する予定である。豪連邦のMatt Canavan資源・北部豪州担当大臣は12日、数日中に豪州地質調査所(Geoscience Australia)と米国地質調査所(USGS)がCritical Mineralsに関する探鉱、採掘、鉱物処理の研究開発を共同で実施するためのMOUに署名する予定であると発言。豪州は、米国が指定する35鉱種のCritical Mineralsのうち14鉱種に関して世界全体の埋蔵量の中で上位5国に入っており、本MOUをきっかけとしてより多くの鉱物資源を米国に供給したいともコメントしている。

ページトップへ