閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年12月18日 シドニー 吉川竜太

PNG:Solwara 1海底熱水鉱床開発のために建造が進められていた生産支援船、印企業が別目的転用のために買収

 2018年12月12日付の地元メディアによると、PNGのSolwara 1海底熱水鉱床開発計画のために加Nautilus社が建造を進めていたものの、資金支払不履行により造船所から2018年7月に契約解除を通知されていた生産支援船(production support vessel)が、印MDL Energy社により買収されたことが明らかとなった。MDL Energy社子会社であるOcean Energy社の11月27日付の声明によると、同生産支援船のNautilus社へのチャーターに関する議論は10月5日を持って打ち切られ、Ocean Energy社は同船を別目的転用に向けて改修するため、Nautilus社に対して船上の機材を取り除くよう要求している。Solwara 1プロジェクトに反対する環境団体は、生産支援船はSolwara 1鉱床開発計画の要所であり、その調達が不可能となったことはプロジェクトが頓挫することを意味しており、同プロジェクトが位置するビスマルク海と周辺コミュニティの勝利である、とコメントしている。

ページトップへ