閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年1月8日 リマ 栗原健一

ペルー:Michiquillay銅プロジェクト、Galeno銅プロジェクト、Conga金・銅プロジェクトによる鉱業クラスター形成の可能性

 2018年12月27日付け地元紙によると、Buenaventura社のGalvez前副社長は、Lumina Copper社、Southern Copper社、Buenaventura社との間で、各社が実施するGaleno銅プロジェクト、Michiquillay銅プロジェクト、Conga金・銅プロジェクトにおいてインフラを共有し、将来の操業における効率性の向上や投資コスト削減を目的とした鉱業クラスターの形成が提案されていることを明らかにした。
 これら3件のプロジェクトはいずれもCajamarca州Cajamarca郡La Encañada区に位置し、相互に近い距離に位置しているほか、Galeno銅プロジェクトは2021年、Michiquillay銅プロジェクトは2022年に操業開始が計画されている。一方Conga金・銅プロジェクトは中止状態となっているものの、鉱業争議観測レポートによれば、Buenaventura社は鉱業クラスター形成の枠組みによって、本プロジェク再開の意欲を示している。
 Galvez前副社長は、これらプロジェクトは距離も近いことから、選鉱プラントや廃さい堆積場、貯水場、水のリサイクルシステム、アクセス道、鉄道等、多くのインフラを一つにまとめることが可能であるとした上で、本件は未だ提案の段階にあり、各社間の合意が存在しているわけではないとコメントした。
 なお、これら3件のプロジェクトに対する合計投資額は10,800mUS$となっている。

ページトップへ