閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年1月8日 モスクワ 黒須利彦

カザフスタン:Tau-Ken Altyn社、2019年にフル操業へ

 2018年12月14日付の地元報道等によると、Tau-Ken Altyn社(国営鉱業企業Tau-Ken Samruk社の100%子会社)は、2019年に計画年産能力(金25t、銀50t)に達する予定である。Tau-Ken Altyn社の精錬プラント建設は2012年7月に開始されており、2012年以前ではカザフスタンは貴金属含有原料を海外に輸出・販売していたが、現在は保有する原料を全て精錬するのに十分な生産能力を有している。操業開始後5年間でTau-Ken Altyn社はカザフスタン国立銀行に66tの金(標準インゴット)を売却している。

ページトップへ