閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年1月17日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:連邦議会、鉱山の保安・環境法令の見直し検討を示唆

 2019年1月14日付け地元紙によると、連邦議会上院は、鉱山の保安・環境法令の見直しを開始した。なお、経済大臣は、安全規制の見直しを命じていた(2018年12月20日付 ニュース・フラッシュ:経済大臣、鉱山死亡事故を受け安全規則見直しを命じる参照)。Zacatecas州選出の労働党(PT)議員は、鉱山労働者の保安、環境への影響を含む網羅的な規制にするため、全面的な見直しが必要であると述べた。また、連邦議会のCarmen Bañuelos鉱業・地域開発委員会委員長は、適正な法令が整備されていないため鉱山開発が影響を受けていると述べ、同委員会の主なテーマは、全ての利害関係者の調整、透明性の向上、そして組合の関係改善と地域社会へのロイヤルティ分配を検討することにあると付け加えた。なお、2018年12月に就任したAndrés Manuel López Obrador大統領は、鉱山とコミュニティの関係改善を目指すため、鉱山プロジェクト実施について協議を通じて住民の意見を求めると公言している。なお、経済省鉱山次官は、既存の鉱業コンセッションの権利は侵害されないと発表している(2018年12月27日付 ニュース・フラッシュ:鉱山次官、鉱業分野にネガティブな政策は行わないと強調参照)。

ページトップへ