閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 鉄鉱石
2019年1月23日 シドニー 吉川竜太

豪:Rio Tinto、Cape Lambert港での火災で不可抗力を宣言するも、2019年の鉄鉱石出荷計画量には影響しないとコメント

 2019年1月14日付の地元メディアによると、Rio TintoはWA州におけるRobe River JVの鉄鉱石輸出港として利用しているCape Lambert港で1月10日に発生した火災に関連し、一部の顧客への鉄鉱石出荷が滞る可能性があるとして1月14日に不可抗力(force majeure)を宣言した。Rio TintoはWA州Pilbara地域に保有する他の鉄鉱石ビジネスへの影響は無いとした上で、顧客への影響を最小限に留めるための最大限の努力を実施しているとコメント。また1月18日には、同社の2019年における鉄鉱石出荷計画量338~350mt(前年比で4%の増加)に対するこの火災の影響は無いとコメントしている。

ページトップへ