閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 鉄鉱石
2019年1月28日 シドニー 吉川竜太

豪:BHP、WA州の鉄鉱石運搬鉄道線事故や銅鉱山の操業障害などにより、2018/19年度前期における生産性に600mUS$の損害が生じたことを報告

 2019年1月22日付の地元メディアによると、BHPは2018年11月に発生したWA州の鉄鉱石運搬鉄道線における事故やSA州Olympic Dam Cu鉱山の硫酸生産施設の不具合による操業停止、チリSpence Cu鉱山のSxEw施設における火災などにより、2018年12月までの2018/19年度前期における同社の生産性に600mUS$の損害が発生したことを明らかにした。これらの操業障害により、Cu生産量は合計で70kt、鉄鉱石生産量は4mtの減産となったと発表している。同社は2018/19年度における年間生産量の見通しに関しては現在評価中であり、2019年2月の更新を予定している。

ページトップへ