閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト タングステン ニオブ モリブデン リン
2019年1月29日 北京 関淳夫

DRコンゴ:中国・洛陽モリブデン業社は、11.36億US$でTFM社24%の権益を買収予定

 安泰科によれば、洛陽モリブデン業社傘下の全額出資子会社である香港洛陽モリブデン業持株公司は、BHR/DRC社(BHR Newwood DRC Holdings Ltd社)100%の株式権益を買収予定で、TFM社(Tenke Fungurume Mining S.A.社)の24%の株式権益を11.36億US$で獲得する。
 公告によると、全額出資子会社である洛陽モリブデン業持株会社は、1月18日にBHR社、BHR/DRC社と「株式譲渡契約」を締結した。洛陽モリブデン業持株会社を通じてBHR社は保有しているBHR/DRC社の100%の株式権益を買収予定で、間接的にBHR/DRC社は保有しているTFM社24%の株式権益を取得することになる。
 TFM社はTenke Fungurume鉱区を保有しており、世界最大規模、高鉱石品位の銅・コバルト鉱山である。
 洛陽モリブデン業社は、非鉄金属採掘事業を展開しており、主に銅、モリブデン、タングステン、コバルト、ニオブ、リン資源に対する採掘・選鉱、製錬、高度加工事業が含まれている。また、比較的整備された産業チェーンも保有している。洛陽モリブデン業社は、世界上位5位のモリブデン生産企業及び最大のタングステン生産企業、世界第2位のコバルト、ニオブ生産企業、銅生産企業である。同社は、三道庄モリブデン・タングステン鉱山を保有している。国内モリブデン埋蔵量第1位、タングステン埋蔵量第2位の鉱山である。

ページトップへ