閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2019年1月30日 メキシコ 森元英樹

ジャマイカ:露UC Rusal社、政府によるKirkvine鉱山の鉱業権取り消しを提訴

 2019年1月25日付け地元紙によると、Windalco社の親会社である露UC Rusal社は、ジャマイカ政府がKirkvine鉱山の鉱業権(ボーキサイト)を取り消した件に対し提訴したことを明らかにした。報道によれば、鉱山法第42条(b)には6か月間、鉱業権のある土地において何ら作業が行われていない場合、政府は鉱業許可を取り消すことができるとなっているが、同鉱山では8年以上何ら作業が行われていない。一方、Rusal社は、2018年までの8年間、土地整備に1.2mUS$、2018年は保全活動に1.9mUS$を投じており、Kirkvine鉱山の採掘作業は2009年以降、中断しているが、それは市場価格の動向を踏まえたものであると説明した。その上で、ジャマイカ政府の措置に対し最高裁判所に提訴、3月19日に公聴会が行われることになったと付け加えた。

ページトップへ