閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
カリウム リチウム
2019年1月31日 リマ 栗原健一

ボリビア:政府、Coipasa塩湖のリチウム産業化を公式に表明

 2019年1月21日付け現地報道によると、ボリビア政府は約2,300mUS$をCoipasa塩湖のリチウム産業化に投資すると公式に伝えた。具体的には、同塩湖において、硫化カリウム、ホウ酸、水酸化リチウム、炭酸リチウム、塩化リチウム、金属リチウム等を、ウユニ塩湖のリチウム産業化と似た条件で生産することである。
 Álvaro García Linera副大統領は、2018年10月、ドイツ、ロシア、中国、米国の企業が同塩湖のリチウム産業化のための提案を提出したと述べた。同副大統領は、ボリビア国家がより多くの利益を得られる協力関係を選びたいとコメントしていた。

ページトップへ