閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年2月4日 北京 関淳夫

中国:紫金鉱業社の子会社は、五鑫銅業社と銅精鉱供給契約を締結

 安泰科によれば、紫金鉱業の子会社である新疆阿舎勒社(売手)は、2019年1月28日に新疆五鑫銅業社(買手)と銅精鉱供給契約を締結した。契約期間は2019年1月1日から2019年12月31日まで。
 紫金鉱業社は、新疆阿舎勒社の株主として、当該企業の51%権益を保有している。新疆有色金属工業(集団)有限責任公司及びその持株子会社である中国有色金属輸出入新疆公司が残りの34%権益を保有している。新疆五鑫銅業社は、新疆有色金属工業(集団)有限責任公司の持株子会社である。
 2019年12月31日までの年間銅精鉱供給契約の最大限度額を人民元15億元と設定。2019年度の銅精鉱供給契約供給限度は、新疆阿舎勒社の生産計画や新疆五鑫銅業社の需要計画に基づき定めたものである。これにより、2019年度新疆五鑫銅業社への銅精鉱販売量は2.2万t(金属量)以内となる見込み。

ページトップへ