閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年2月4日 北京 関淳夫

中国:海亮株式社は、KME社傘下の銅合金棒や銅管の関連資産への買収に1.19億EURを投資

 安泰科によれば、浙江海亮株式有限公司は2019年1月28日にKME社(KME Germany GmbH&Co.KG)と買収契約を交わした。傘下にあるKabelmetal Messing BeteiligungsgesmbH社(KMMB社と略称)、KME Brass Germany GmbH(KBG社と略称)、KME Brass Italy SpA社(KBI社と略称)、KME Brass France SAS社(KBFと略称)、IbertubosS.A.U社(Ibertubos社と略称)5社の100%株式権益及びドイツMenden工場の銅管事業と銅管事業関連資産を買収する。今回の取引額は1.19億EURを予定している。買収後、海亮株式社は、ハイレベル銅合金棒の製造技術が得られ、欧州のハイレベル銅合金棒市場に参入し、KME社のブランドを借り欧州ハイレベル市場を開拓し、市場占有率を急速に高めることができる。
 KME社は2007年ドイツで設立し、世界銅加工業界ではトップレベルの企業である。今回買収予定の資産は、ドイツ、イタリア、フランス、スぺイン等にある銅管、銅棒工場が含まれており、ユーザーは主にイタリア、ドイツ及びフランス等、欧州の主要各国に集中している。市場シェアは17%に達しており、欧州のハイレベル銅合金棒市場で主導権を握ることになる。

ページトップへ