閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
2019年2月7日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:2018年11月の国内鉱業生産量4か月連続減少

 2019年1月31日の地元紙は、2018年11月の国内鉱業生産量が4か月連続で減少し、同月の減少率が2.6%であったと報じている。最も減少率が高かったのは鉄ペレット450,501t(前年同月比19.3%減)で2006年以降最低となったほか、金206千oz(同18.1%減)で過去7年間のうち最低となった。その他鉱種別生産量はコークス91,628t(前年同月比17.9%減)、硫黄30,551t(同12.1%減)、石膏480,721t(同4.5%減)、蛍石59,539t(同21.8%増)、亜鉛37,127t(同10.2%増)、銅39,804t(同6.6%増)、銀10.6百万oz(同2.4%増)、鉛13,367t(同1.0%)となった。また、2018年1月から11月にかけての生産量は前年同期比3.1%減となり、硫黄19.2%減、鉛17.2%減、金11.0%減、コークス8.3%減、銀4.3%減とそれぞれ減少した一方で、石膏6.1%増、一般石炭3.1%増、鉄ペレット3.0%増、銅2.1%増、蛍石1.0%増、亜鉛0.5%増となった。

ページトップへ