閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 鉄鉱石
2019年2月7日 シドニー 吉川竜太

豪:CU-River Mining社、SA州Port Augustaの火力発電所跡地を港湾施設へ転用するために取得

 2019年2月4日付の地元メディアによると、豪CU-River Mining社はSA州Port Augustaの火力発電所跡地を取得し、250mA$を投じてSpencer湾に面する港湾設備を整備することを発表した。同施設の最大積み出し能力は15mt/yで、鉄鉱石や穀物などを取り扱う予定である。将来的には50mt/yまでの拡張を検討している。港湾設備の建設には2年を要し、建設期間中150人の雇用が見込まれる。同社はSA州に磁鉄鉱開発プロジェクトを保有しており、2026年以降同プロジェクトの磁鉄鉱精鉱積み出し施設として同港湾設備を利用するのみならず、SA州北部にプロジェクトを保有する他社の製品も受け入れることを想定している。同火力発電所は2016年5月に操業を停止しており、今後現所有者であるFlinders Power社が解体作業を実施する予定である。

ページトップへ