閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年2月14日 シドニー 吉川竜太

豪:2018年における豪州からの資源輸出額、過去最高の248bA$を記録

 2019年2月5日付のメディアによると、2018年の豪州からの資源輸出額は248bA$で過去最高額を記録し、豪州からの商品輸出の72%を占めることが豪統計局(ABS)の統計により明らかとなった。資源輸出の中で最大の割合を占めたのは価格が好調であった石炭輸出で、66bA$であった。また、金の輸出も20bA$を記録し、好調な金価格とWA州における新たな鉱山からの生産開始を反映する結果となった。豪州鉱物資源評議会(MCA)は、資源輸出による豪州経済への貢献は極めて大きいとともに、鉱業及び鉱業設備・技術・サービス業(METS)による雇用は豪州の全体の10%を支えていると指摘。また、今後は既存の鉱種に加えてレアアース、リチウム、ベースメタルなどの先端技術に関連した鉱種の伸びも期待できるとコメントしている。

ページトップへ