閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年2月14日 シドニー 吉川竜太

PNG:Bougainville自治州政府、Panguna銅・金鉱山の新企業設立法案を州議会に提出、利害関係者は拒否

 2019年2月6日付の地元メディアは、PNGのBougainville自治州政府は同自治州内のPanguna Cu・Au鉱山の再稼働を推進するための新企業設立を含む3つの法案を州議会に提出したと報じた。新企業はBougainville Advance Mining Limitedという名称で、同法案により同社は既存の探鉱ライセンスや採掘リースには囚われず、また土地所有者の同意無しで特別採掘リースが発給されて鉱業活動を実施することが可能とされている。報道によれば、豪パース拠点のCaballus Mining社が同企業設立を巡ってBougainville自治州政府と協力しており、Bougainville自治州政府にとっては2019年6月に実施予定の独立を巡る住民投票の実施前に雇用を促進したいとの思惑があるとされている。2月11日の地元メディアによると、この法案に関する説明会に出席した地元土地所有者グループなどの利害関係者は、本法案は土地所有者の権利を無視するものだとして断固反対する立場を表明している。

ページトップへ