閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年2月19日 メキシコ 佐藤すみれ

グアテマラ:共和国議会、鉱業法改正を検討

 2019年2月13日付け地元紙の報道によると、グアテマラ立法府(el Poder Legislativo)は、現行の鉱業法(グアテマラ共和国議会法令第48-97号)が鉱山操業停止と社会紛争の原因となっているとし、同法改正を検討している。共和国議会のエネルギー鉱山委員会は声明の中で、各機関における調整欠如が鉱業プロジェクトに悪影響を与えたと述べている。その結果、国内の社会紛争や失業者、貧困層、移民の増加につながった。同委員会は近日中に関係者を技術的パネルディスカッションに招集し、「持続可能かつ公平性な開発」のための改正案を検討する。成立後22年が経過した現行の鉱業法改正に加え、国家都市及び農村開発審議会法(グアテマラ共和国議会法令第11-2002号)も改正を検討するとみられる。

ページトップへ