閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2019年2月22日 ロンドン 倉田清香、福田光紀

ザンビア:コバルト製錬原料の輸入抑制によって、ERG社の銅・コバルト製錬所生産一時停止

 2019年2月14日付けのメディア情報によると、ザンビア政府による製錬原料の輸入抑制によって、DRコンゴからのコバルト鉱石の輸入に制限がかかり、ERG社はChambishi銅・コバルト製錬所の生産を一時停止した。この一時停止は銅・コバルトの輸入精鉱に対して2019年から有効になった同国の5%の関税の影響を受けたもの。ERG Africa社の広報は「351人の従業員は一時休業させており、できるだけ早く操業再開を目指す」と話している。Chambishi製錬所は年間55,000tの銅カソード、年間6,800tのコバルトカソードの生産能力があるが、2018年の同製錬所のコバルト生産量は2,300tだった。ザンビアで操業している銅生産者たちはこの新関税によって生産を減少させるかどうかの選択を迫られている。

ページトップへ