閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年2月27日 シドニー 吉川竜太

豪:Aus Tin社、TAS州Granville錫鉱山の尾鉱処分設備の整備を完了し採鉱活動を再開

 2019年2月19日付の地元メディアによると、豪Aus Tin社はTAS州Granville East Sn鉱山の尾鉱処分設備の整備を完了し、採鉱活動を再開したことを発表した。最初の採掘ブロックから430t相当の鉱石採掘が再開されたことは、Granville鉱山が第2ステージの操業に移行したことを意味する。Granville East鉱山で採掘された鉱石は、これまで低品位な貯鉱の処理を実施していた選鉱施設に供給されることとなる。同鉱山の操業は2016年8月に開始され、尾鉱処分設備の許認可が生産拡大に向けた最大の問題となっていた。

ページトップへ