閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月1日 シドニー 吉川竜太

豪:豪州鉱物資源評議会、労働衛生保安に関する法制度の見直し結果を歓迎

 2019年2月26日付のメディアによると、豪連邦の法定機関であるSafe Work Australia(SWA)が実施した労働衛生保安に関する法制度の見直しに関し、豪州資源業界は肯定的な反応を示している。この見直しでは、豪州の労働衛生保安に関する法的枠組みは概ね意図された通りに運営されていると結論付けているものの、更に枠組みを強化するため、メンタルヘルスに関する規則の作成、コンプライアンス遵守や抑止力強化に向けた罰則強化などの方策の導入、安全性改善のためのフィードバックに関する要件の明確化などを含む32項目が提言されている。豪州鉱物資源評議会(MCA)はこの見直し結果を歓迎し、労働衛生保安を確保するための強固かつ公正な枠組みを支持するが、提言の一つである新たな産業過失致死条項の導入は支持しない、とコメントしている。

ページトップへ