閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2019年3月8日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:PT Virtue Dragon Nickel Industry、ニッケル製錬所を正式稼働

 2019年2月26日付地元メディアによると、中国・Jiangsu Delong Nickel Industry(江蘇徳龍ニッケル業)社子会社のPT Virtue Dragon Nickel Industryは2月25日、南東Sulawesi州konawe工業団地においてニッケル銑鉄(NPI)製錬所を正式に稼働した。製錬所の敷地面積は700ha、投資額は約10億US$であった。15基のロータリーキルン電気炉を備えており、NPI(Ni含有量10~12%)生産能力は80万t/年である。
 また、同社関連会社は現在、投資額計約20億US$で同工業団地内において生産能力120万t/年のNPI製錬所及び300万t/年のステンレス工場の建設も進めている。このステンレス工場は2年後に稼働予定であり、Airlangga Hartarto産業大臣は「これによりkonawe工業団地と中部Sulawesi州Morowali工業団地を合わせて、インドネシアのステンレス鋼の生産量は将来、合計600万tになり世界第4位の水準になる」と述べた。

ページトップへ