閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ
2019年3月12日 ロンドン 倉田清香、福田光紀

英:プラチナ市場は需要が増加するも供給過剰が継続と予想(WPIC)

 2019年3月6日付けのメディア情報によると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、2019年のプラチナの世界需要は自動車産業、アクセサリーとその他の産業からの需要が減る一方、投資需要が伸び、5%上昇して7,700千ozになると予想した。WPICの「Platinum Quarterly」最新版では、2019年の供給も5%上昇し、供給過剰が2018年の645千ozから680千ozになると予想する。WPICでは次の3つの要素がプラチナの投資を促進する可能性があると考えている。
・南アフリカの電力不足とストライキによる供給減少の可能性
・西欧のディーゼル自動車の市場シェアの回復による自動車産業における需要増加の可能性
・パラジウムの価格上昇により、ガソリン自動車の排ガス浄化触媒に使われるパラジウムの代替としてプラチナの需要増加の可能性

ページトップへ