閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年3月14日 リマ 栗原健一

ペルー:Minsur社、錫資源量350,000tを確認

 2019年3月11日付け地元紙によると、Minsur社CEOのKruger氏は、この4年間にわたるボーリング調査によって350,000tの錫資源が発見されたことを明らかにした。社長は、探鉱投資額106mUS$に対して7,000mUS$相当の錫を含む資源が発見されたとし、「金属価格のサイクルに関わらず、今後も投資を続けていきたい」との考えを示したほか、2019年は28mUS$の探鉱投資を予定している旨明らかにした。
 一方2019年は、Bofedal 2廃滓回収プロジェクトに対して100mUS$を投資する予定のほか、本プロジェクトの進捗状況は2019年2月時点で75%であり、予定よりも早く進行していると説明した。
 さらにMina Justa銅プロジェクト(Ica州)では既に工事が開始されているほか、2019年には900mUS$を投資する計画であるとコメントした。

ページトップへ