閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月14日 シドニー 吉川竜太

豪:豪・インドネシア間の包括的経済連携協定締結を豪資源業界が歓迎

 2019年3月4日付のメディアによると、豪州とインドネシアが同日締結した包括的経済連携協定(CEPA)を、豪州資源業界は両国間の貿易機会の拡大につながるとして歓迎している。CEPAにおいて豪州からの商品・サービスの99%が2020年までに免税あるいは優遇処置を受けることができ、豪・インドネシア経済に35bA$の経済効果をもたらすことが期待されている。豪州鉱物資源評議会(MCA)は、豪資源業界や技術・サービス業(METS)もこの協定の恩恵を直接被ることとなり、鉱物・エネルギー資源の輸出量拡大や高技能雇用の創出、またビザ要件の緩和などにより双方間の人的交流の促進につながるとして、豪州とインドネシア間のCEPA締結を歓迎するコメントを発表している。

ページトップへ