閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月14日 シドニー 吉川竜太

豪:豪州地質調査所、豪州のクリティカル鉱物の現状と課題をまとめた報告書を発表

 2019年3月8日付のメディアによると、豪州地質調査所(GA)は新しい報告書「Critical Minerals in Australia」において、豪州の豊富なクリティカル鉱物と世界最高峰の技能力が、豪州に対して更なる経済発展の道を示していると指摘している。同報告書では現状での問題点として、豪州の鉱床内や選鉱過程におけるクリティカル鉱物の挙動に関する知見が不足していること、新たなたクリティカル鉱物資源発見に向けた指針の研究が不足していること、既存設備を活用したクリティカル鉱物の経済的な回収が可能となる技術が求められること等が挙げられている。豪連邦のMatt Canavan資源・北部豪州担当大臣は、豪州は米・英・EUなどにより「クリティカル」であると指定されているアンチモン、コバルト、リチウム、レアアースの主要産出国であり、豪州のこれらの鉱物におけるポテンシャルを最大限に引き出すため、豪州政府は問題点や課題を解決するための調査を支援することを約束しているとコメントした。

ページトップへ