閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2019年3月14日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州Karara磁鉄鉱鉱山の権益を保有するGindalbie社、SA州資産のスピンアウトと自社の中国Ansteel社との吸収合併の方針を発表

 2019年3月11日付のメディアによると、WA州Karara磁鉄鉱鉱山の約47.8%を保有する豪Gindalbie社は、同社のSA州探鉱資産をCoda社にスピンアウトしてASXへの上場を目指すこと、Gindalbie社はKarara鉱山の約52.2%を保有する中国Ansteel社に吸収合併される意向であることを発表した。Coda社へのスピンアウトに関しては、Gindalbie社の株主に対して保有比率に応じた株式が付与される予定。また、現在Ansteel社はGindalbie社の35.71%の株式を保有しており、Ansteel社はGindalbie社株主に対して総額約25mA$の買収提案を実施する予定となっている。Gindalbie社は、Karara鉱山のサプライヤーへの債務保証の焦げ付きに関連した偶発負債231mA$を2018年末の時点で抱えていた。Coda社のスピンアウト及びGindalbie社の吸収合併は、Gindalbie社の株主の承認が前提となっている。

ページトップへ