閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月15日 リマ 栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山、対話協議会が中止

 2019年3月12日付け地元各紙によると、2月4日から地域住民により封鎖されているLas Bambas銅鉱山(Apurimac州)アクセス道の解除を目的として、3月11日に開催が予定されていた対話協議会は、地元Fuerabambaコミュニティの代表者らが出席を取りやめたことによって中止された。
 コミュニティは出席取りやめの理由として、3月7日にLimaで合意された事項(国道CU-135の州道への変更、環境影響調査、YaviYaviエリアに建設された道路の技術文書の受け渡し等)が履行されていないことや、Villanueva前首相の辞任を挙げた。会場となっていたCusco州庁舎には、Benavente州知事のほかIsmodesエネルギー鉱山大臣やLas Bambas銅鉱山関係者が参集していた。
 一方MMG社は、Matarani港における精鉱のストックが尽きたことから、顧客に対して今後の輸出に遅れが生じる旨連絡したことを明らかにした。さらに、これまで同鉱山では不可抗力条項適用を宣言しておらず、現在も生産を継続しているものの、状況が解決しない或いは悪化した場合、生産に影響が出る可能性があるとコメントした。

ページトップへ