閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月15日 バンクーバー 杉崎真幸

加:連邦政府、カナダの鉱業政策の長期的展望を発表

 2019年3月にトロントで開催されたカナダ探鉱開発者協会(PDAC)年次総会において、カナダ連邦政府は今後の長期的な鉱業政策の方向性を示すCanadian Minerals and Metals Plan(CMMP)を発表した。本プランは北部インフラへの戦略的投資、税制優遇政策の維持、より効率的な規制システムの推進、先住民への投資等を掲げており、現在改正中の連邦の新環境アセスメント法(C69)に対する不透明感をある程度軽減させる内容となっている。ON州及びSK州を除く各州の鉱業大臣はCMMPを支持する共同声明に署名しており、カナダ鉱業協会も本内容を支持している。今後は2019年半ばにカナダ鉱山大臣による「運用化」の検討、2020年に「行動計画」が発表される予定であり、それらにより具体的な内容が定められる。
 また、会場ではTrudeau連邦首相とPDAC会長の対談も行われ、技術革新、持続可能な鉱業慣行、連邦の規制変更、カナダの先住民との和解努力等の話題が語られた。

ページトップへ