閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年3月22日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:加Alio Gold社、San Francisco金・銀鉱山において尾鉱回収プロジェクトを計画

 2019年3月13日付け地元紙の報道によると、加Alio Gold社(本社:バンクーバー)が操業を行うSan Francisco金・銀鉱山において、同社は2020年より同鉱山の尾鉱からの回収・生産を行う計画である。同鉱山における採掘は2019年1月に終了したものの、ストックパイルからの生産は2019年末まで続ける計画である。San FranciscoピットとLa Chicharraピットにおける採掘により、同鉱山における処理量を90,000~100,000t/日にまで回復させる計画も考えられていたものの、資金調達能力がないことから断念された。なお同社は2018年に、San Francisco鉱山と米国に保有するFlorida Canyon鉱山における操業に資金を注入するため、Ana Paulaプロジェクト(投資額137mUS$)開発を中断した。同社の純損失額は2017年第4四半期の2.85mUS$から14mUS$増加し、2018年同期は16.8mUS$を計上した。販売収益は2017年第4四半期の20.6mUS$から2018年同期は27.0mUS$に増加したものの、全維持コスト(AISC)は2017年の1,034US$/ozから、2018年は1,338/ozに増加した。

ページトップへ