閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月22日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:労働組合(SNTMMSSRM)による工場封鎖活動、3工場(製鉄)閉鎖へ

 2019年3月18日付け地元紙によると、鉄鋼業社2社は、メキシコ全国鉱夫・冶金・鉄鋼労働組合(SNTMMSSRM)による工場封鎖活動を踏まえ3つのプラント(工場)の閉鎖を検討している。Siderúrgica del Golfo社とSistemas Estructurales y Construcciones社は、同組合からの賃金、ボーナスの引き上げ要求による工場封鎖活動は企業経営に大きな影響を与えており、特にTamaulipas州Matamoros市に位置する工場は経済性が合わないと説明し、2月25日以降に発生している封鎖活動によって中断された業務を恒久的に停止する用意があると付け加えた。なお、SNTMMSSRMは、AMLO大統領と近い関係を有するNapoleón Gómez Urrutia・与党MORENA上院議員がトップを務める組合であり、本件が今後の労働組合の議論に影響を与える可能性がある。

ページトップへ