閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2019年3月26日 シドニー 吉川竜太

豪:Pilbara社、韓国でのリチウム処理工場建設に関する韓POSCO社とのJV事業参画を発表

 2019年3月18日付の地元メディアによると、WA州でPilgangoora Li鉱山を操業する豪Pilbara社は、韓国にリチウム処理工場を建設する韓POSCO社とのJV事業に参画することを発表した。同工場は、POSCO社が保有するPosLX技術を用いて水酸化リチウム・炭酸リチウムの双方が製造可能である。製造能力は炭酸リチウム換算量で40kt/yとなり、Pilbara社は最大30%の権益を取得する予定である。現在Pilbara社はデューデリジェンスを実施中で、2019年3月中に最終投資決定を実施する予定である。POSCO社は、2018年3月にPilgangoora鉱山からのリシア輝石精鉱のオフテイク契約を締結しており、その際にリチウム処理工場へのPilbara社の参画に関して非拘束MOUを締結した。

ページトップへ