閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月26日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:PT Smelting、さらに1年間のアノードスライム輸出延長許可を取得

 2019年3月12日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Bambang Gatot Ariyono石炭鉱物総局長は11日、東Java州Gresik銅製錬所を操業しているPT Smeltingのアノードスライム(陽極泥:銅の副産物)輸出延長許可を交付したことを明らかにした。延長期間は1年間。輸出割当量は2017、2018年と同程度で約2,000t。同総局長は、これはアノードスライム製錬(生産能力6,000t/年)の進捗状況評価に基づいていると述べた。なお政府は、2017年初の政省令改正によりアノードスライムの輸出に関して、国内での製錬義務及び輸出可能な最低製品基準を設けている。

ページトップへ