閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年3月28日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:2019年第1四半期鉱業生産、前年同期比10%減

 2019年3月23日付け地元紙の報道によると、メキシコ鉱業会議所は、2019年第1四半期のメキシコ鉱業生産指数が前年同期比10%低下した旨発表した。この原因は主に新政権の投資政策に関する不確実性にあるとし、今後具体的な政策が打ち出された場合、生産に反映されることを期待しているという。なお、2018年鉱業部門投資額は36億US$で、2019年は40億US$と見込まれているものの、これまでの最高額である2011年の80億US$と比較すると大差がある。また同会議所会頭は、生産指数の減少に関し、政権交代後の時期には起こり得ることであり、今後数か月の間に投資は安定するであろうとの予測を述べている。

ページトップへ