閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石 その他
2019年3月29日 シドニー 吉川竜太

豪:Fortescue社、鉄鉱石鉱山操業における自動運転トラックのノウハウを活かし公道における自動走行運転技術の開発へ

 2019年3月21日付の地元メディアによると、豪鉄鉱石大手Fortescue社のForrest会長は、WA州北部のKarratha市に同社の自動走行運転技術を都市環境に適用することを検討するための技術開発センターを設置することを発表した。同社はPilbara地域で操業する鉄鉱石鉱山において2012年以降、100台以上の自動運転トラックを利用した操業を行っており、Karratha市に設立するFortescue Future of Mobility Centreにおいて、同社が持つノウハウを都市内における自動走行運転技術のハード面・ソフト面で活用するための研究開発を実施する。同センターでの研究開発は、Karratha市やその他の技術調査企業との協力に基づいて行われ、2019年中に同市内において自動運転バスの試験が実施される予定である。

ページトップへ