閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2019年4月8日 リマ 栗原健一

ペルー:Santander亜鉛鉱山の見通し

 2019年4月2日付け地元紙によると、Trevali Mining社は、2019年、Santander亜鉛鉱山(Lima州)の探鉱プログラムに1.9mUS$を投資し、4,500mのボーリング調査による資源の確定を行う計画を明らかにした。
 一方2018年に同社は、一連のボーリング調査のほかに、GlencoreがYauliyacu亜鉛鉱山に所有していた選鉱プラントをSantander亜鉛鉱山の磨鉱プラントに移転させた。現在、同プラントの処理量は2,400t/日となっている。
 さらに同社は2019年の生産量について亜鉛59~65mlb、鉛10~11mlb、銀536,000~595,000ozと、2018年の生産量を若干上回る見通しを示している。

ページトップへ