閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
2019年4月8日 リマ 栗原健一

ペルー:2019年2月鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省によると、2019年2月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅1.37%減、亜鉛8.8%減、鉄37.76%減、鉛2.26%減、金2.33%減と軒並み減産した。
 このうち銅に関しては、Minera Antamina社(18.2%減)、Minera Chinalco Peru社(19.7%減)で減産となった一方、Sociedad Minera Cerro Verde社(7.8%増)、Minera Las Bambas社(18.9%増)では増産となったことから、1~2月の累計生産量は前年比2.93%増となった。なおMinera Las Bambas社の操業するLas Bambas銅鉱山では、2月4日から地域住民によって鉱物輸送道が封鎖されている。現在のところ生産は継続されているものの、封鎖が長期化して生産量が貯蔵スペースを超えた場合、操業停止を余儀なくされる見通しとなっている。
 一方亜鉛に関しては、Minera Antamina社(19.6%減)とVolcan社(3.9%減)の減産が影響した。これら2社による亜鉛生産量は、全国生産の31.4%を占めた。
各鉱種の生産量は下表のとおり。
ペルー:2019年2月鉱産物生産量

ページトップへ