閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年4月8日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州政府、Fly-in Fly-out従事者のメンタルヘルスへの影響軽減に向けた実務指針を豪州で初めて導入

 2019年4月3日付のメディアによると、WA州政府は資源・建設業界においてFly-in Fly-out(FIFO)の勤務体制に従事する労働者に対する豪州初となる実務指針を導入した。この実務指針は、FIFO従事者のメンタルヘルスへの影響を軽減することで、FIFO導入事業所の災害やリスクの軽減を目的としており、公聴制度の結果や同実務指針のFIFO従事者への評価を検討した報告書に基づいて作成されている。同実務指針は、精神的な障害発生の可能性を把握するためのリスクマネジメント制度の導入や、健全かつ協力的な職場文化の醸成、適切な宿泊施設の提供、十分な休息を加味した勤務スケジュールの導入などを事業者に求める内容となっている。

ページトップへ