閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年4月9日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:AMLO大統領、鉱業基金汚職の撲滅のため運営担当を連邦政府に集約

 AMLO大統領は4月3日の定例記者会見において、今後の鉱業基金運営に関し、今後は連邦政府のみが管理を行うことで州、自治体政府による汚職を撲滅することを明言した。なお、これまで鉱業基金は各鉱業州、自治体へ分配されていたが、今後は鉱業生産地域住民への直接分配が検討されており、一人当たり6,000MXNから最高15,000~20,000MXNまで段階的に分配額を引き上げることが提案されている。なお、基金運用変更案を受け、これまでにChihuahua州、Zacatecas州知事をはじめ、約30人の市長がアンパロ訴訟(憲法争議)を起こしている。それに対し大統領は、「これまでのように不透明性の高い方法で基金を管理したい者たちが今回の変更案に反対するのは当然であり、連邦政府は今後の運営方法に関し監督していく必要がある」と主張している。

ページトップへ