閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2019年4月9日 シドニー 吉川竜太

ニューカレドニア:SLN社、企業再編をめぐりストライキを実施する労働者側に対し、ニッケル事業継続の危機であることを警告

 2019年4月5日付の地元メディアによると、ニューカレドニアでNi採掘・製錬事業を操業している仏Eramet社などが出資するSLN社は、今後SLN社の損失発生が食い止められない場合、2020年にも破産する可能性があると従業員側に警告している。同社のNi鉱山では、輸出量の拡大や生産性の向上、安価な電力の入手などを目的とした企業再編の方針を巡って労働組合のストライキが頻発し、毎月10mUS$の損失が生じ、Eramet社が事業の継続に対する警告を発する事態となっている。Eramet社は、2019年中期までに企業再編で同社が望む結果が得られない場合、SLN社は壁にぶつかることになるであろうとしている。

ページトップへ