閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2019年4月17日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:英ジュニアAfrican Battery Metals社、Kisinka銅・コバルト地域の初期探鉱を再開

 2019年4月12日付け英African Battery Metals社のプレスリリースによると、同社はDRコンゴのKisinka地域の初期探鉱を再開する。面積は53km2程度でLubumbashiの東方35~40kmに位置し、DRコンゴのメジャーな銅・コバルト地帯のトレンドに含まれる。蟻塚からのサンプルの地化学異常を、物理探査データや地質構造と比較検討し、ボーリングのターゲットを抽出する予定。同社は同プロジェクトの70%権益を2017年に取得して、トレンチ、オーガなどの地表サンプリングを行い、多少の銅・コバルトの鉱化が見られたようだが、その後探鉱をしばらく休止していた。

ページトップへ