閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2019年4月18日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:RCC社、Dzhusinskoe多金属硫化鉱床坑内掘り開発第2フェーズの操業許可を取得

 2019年4月5日付の地元報道等によると、ORMET社(オレンブルク州オルスク市、Russian Copper Company(RCC社)傘下)は、Dzhusinskoe多金属硫化鉱床の坑内掘り開発第2フェーズ施設の操業許可を取得した。プロジェクト投資額は約0.5bRUBとなり、坑内掘り開発計画では、開発は2025年まで行われる予定で、既に第3フェーズ建設が開始されている。
 Dzhusinskoe多金属硫化鉱床はオレンブルク州アダモフカ地区に位置し、鉱石の品位は品位:Cu 2.7%、Zn 1.8%である。同鉱床は2004年から2013年まで露天掘りで開発され(鉱石年産能力80万t)、その間の採鉱量は710万t以上であった。ORMET社は更なる合理的な鉱床開発に向け、露天採掘と並行して2013年に坑道建設を開始し、2018年に坑内掘り鉱山第1フェーズの操業を開始している。

ページトップへ