閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2019年4月18日 モスクワ 秋月悠也

カザフスタン:Kazakhmys社、地質調査に4bKZT投資へ

 2019年4月8日付の地元報道等によると、Kazakhmys社は、自社の鉱物資源基盤拡大に向け、地質調査に約4bKZT(カザフスタン・テンゲ、約1.5mUS$)を投資する。
 同社傘下のKazakhmys Barlau社は、2019年に総延長約6万5,000mのボーリング、約1,000kmの物理探査、2万6,000m3の採掘作業、実験室での7万点の試料に関する作業を予定している。Kazakhmys Barlau社は、2018年11月、Kazakhmys社の鉱物資源基盤補填を目的としてKazakhmys Drilling 社とKazakhmys Exploration社の合併により設立され、ガリム・ヌルジャノフ氏(国営地質調査企業Kazgeology社前会長)がCEOに任命された。
 Kazakhmys社はカザフスタンの銅生産最大手で、傘下に11鉱山、4つの採鉱選鉱プラント、2つの銅製錬所、2つの露天掘り石炭鉱山を有する。同社の2018年の金インゴット生産は前年(2.25t)比38.3%増の3.112t、銅生産(カソード換算)は前年(23万3,758t)比2.2%増の23万8,858tであった。

ページトップへ