閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年4月19日 リマ 栗原健一

ペルー:Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト、操業開始前倒しの見通し

 2019年4月10日付け地元紙によると、チリで開催されたCesco Week 2019に出席したChinalco社のWang商業・ロジスティクス担当副社長は、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junin州)の操業開始が2020年となる可能性を示した。本プロジェクトに関しては、2018年9月の時点で進捗状況は25%、完了は2021年との見通しを示していたことから、今回の発表は、拡張工事の前倒しを示すものである。本プロジェクトは、米Flor社がEPCM(設計・調達・施行及び管理)を請け負い、実施されている。
 また本プロジェクトには1.3bUS$が投資され、粗鉱処理量が117kt/日から170kt/日に拡大する見通し。このうち、2018年には1.89bUS$が投資された。
 2018年におけるToromocho銅鉱山の年間銅生産量は208,298tで、前年比7%増となったが、拡張プロジェクト完了後の銅生産量は300千tに達する見通しとなっている。

ページトップへ