閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2019年4月23日 北京 関淳夫

中国:厦門タングステン業新エネルギー社、年間生産能力2万tの正極材料工場を建設へ

 安泰科によれば、厦門タングステン業社傘下の子会社である厦門厦タングステン新エネルギー材料有限公司は、184,793.40万元を投入し、厦門海滄区で年間生産能力2万tの自動車エンジン用リチウムイオン電池の正極材料工場を建設する予定。
 当該工場の敷地面積は、おおよそ204,049.8m2である。建設期間は約3年間を設定し、2021年までに建設完了する予定。2期に分けて建設し、第1期の建設規模は1万t/年を設定し、2020年12月に生産開始する。第2期の建設規模は1万t/年を設定し、2021年12月に生産開始する予定。

ページトップへ