閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2019年4月25日 メキシコ 佐藤すみれ

パナマ:環境NGO、Cobre Panamá銅プロジェクト開発阻止のため最高裁に提訴

 2019年4月22日付け地元紙の報道によると、First Quantum社が保有するCobre Panamá銅プロジェクトに関し、地元NGOの環境アドボカシーセンター(CIAM)は、パナマ政府とMinera Petaquilla社(現First Quantum社の現地法人であるMinera Panamá社)の間で締結されたコンセッション契約を承認する決議2019年3月26日第23号を無効とするため、最高裁に対し訴訟を起こした。パナマ政府とMinera Petaquilla社の間で締結されたコンセッション契約承認のための1997年法9について、2018年9月に最高裁が憲法違反と判決を下したものの、貿易産業省が議会に同契約の有効性を示す内容を提出し、2019年3月に承認されていた(2019年4月4日付 ニュース・フラッシュ:パナマ:貿易産業省、Cobre Panamáコンセッションの有効性を証明参照)。CIAMは、Cobre Panamáプロジェクト開発が、生命に対する基本的権利や市民に対する公共利益の優位性、環境に対する権利等を侵害していると主張しているほか、同契約が不正に行われ、その承認が裁判所の判決によりすでに違憲であると宣言されているにもかかわらず、同契約を正当化するための法案が可決されたことを容認できないと主張している。

ページトップへ